カラダの調子を整えるために大切なこと

カラダの調子を整えるために大切なこと!

カラダの調子を整えるために大切なこと
とは!?

 

カラダの調子を整えるために一番大切だと
感じることは、「しっかり睡眠をとること!」です。

 

これが、一番大切なことだと考えています。

 

一晩に少なくとも、6時間は睡眠をとりましょう。

 

よって、疲労の度合いが高ければ、6時間以上の
睡眠が絶対に必要になると考えています。

 

睡眠不足の対策として、「寝貯め」を
考えている人がいるかもしれません。

 

しかし、睡眠を貯金することはできませんから、
毎晩しっかり睡眠をとることが大切です。

 

それから、昼寝をすることも大切だと考えます。

 

昼寝は、長くても30分までにしましょう。

 

それ以上、眠ってしまうと夜の睡眠に
悪い影響が出ます。

 

そして、カラダの調子を整えるために
もう一つ大切なことは、「間食」です。

 

間食は、食事の2時間前は避けましょう。

 

よって、夕食であれば16時を過ぎてからの
間食は絶対にだめですよ!

 

17時を過ぎてからの間食なんかは、
夕食を食べないということを宣言
しているようなものであると考えます。

 

最後に、もう一つ大切なことは、
1日に3食をしっかり食べましょう。

 

そうすることで、カラダの調子を
整えることができます。

 

ただし、食べ過ぎには十分に
注意してくださいね。

 

こまめに水分補給をすることです

 

喉が渇く前に水分補給をすると体調が整います。

 

喉が渇いてから水分補給をしてもちょっとだけ
遅いんですね・・・。

 

喉が渇く前にこまめに水分補給をした方が
いいのは気温が上がる季節とスポーツを
しているときでしょう。

 

夏はこまめに水分補給した方が良いと
言われていますがそれは当たり前のことなのです。

 

水分補給が遅れると立ちくらみがしたり、
身体にチカラが入らなくなり話すことさえ
できなくなります。

 

これは脱水症状で身体が危険な状態なので
覚えておくといいですよ。

 

熱中症の危険が最近よく取りざたされますが
熱中症も脱水症状の仲間です。

 

日頃から体調を整えておけば脱水状態にも
なりにくいし、万が一脱水状態になっても
熱中症にならずに済むかもしれませんね・・・。

 

日頃から体調を整えるためにはしっかり食べて
睡眠をたっぷり取ることが必要なんですが、
水分不足にならないように食事中に水分を
摂ることと、寝る前に少し水分補給しておくと
良いと思いますよ。