DHAの副作用

DHAの副作用とサプリを飲む際の注意点とは!?

DHAの副作用とサプリを飲む際の注意点を
紹介しています。

 

 

DHAはイワシ、サバなどの青魚に
多く含まれている成分で、血液を
サラサラにする働きがあることでよく知られています。

 

 

高血圧や脳梗塞などの予防につながる他、
脳を活発にする働きもあると言われています。

 

 

学習能力や記憶力をアップし、また認知症の
予防にもつながる成分として、DHAは
健康関連のサプリや子供の集中力アップを
促す食品などにも配合されています。

 

 

必須脂肪酸であるDHAは体内で作ることが
出来ないので、食品から補給しなければなりません。

 

 

そのためサプリで摂取するという人が
増えています。

 

 

サプリで摂取するとなると、気になるのが
副作用です。

 

 

DHAは青魚にも含まれている自然にある
成分なので、副作用の心配はほとんどないと
考えられています。

 

 

ただし、DHAの過剰な摂取は、吐き気や
下痢などの副作用をもたらす場合が
あります。

 

 

また、出血した際に血が止まりにくく
なることもあります。

 

 

厚生労働省によると、DHAの1日の
目標摂取量は1gとなっています。

 

 

大き目の魚の切り身一切れに含まれる
DHAとEPAの量は約1gであるとされています。

 

 

DHAと、同じくサプリに配合されていることが
多いEPAを、合わせて1日に3g以上摂取し
続けると副作用の心配が出てきます。

 

 

青魚などの食物から摂取している場合は、
過剰摂取の心配はほぼないと思われますが、
サプリで摂取する場合は、飲み過ぎると
副作用の問題が起こりえるため、注意が
必要になります。

 

 

サプリを飲む場合は、定められた用量を
毎日きちんと摂取することで、しっかりと効果が
現れ、副作用の可能性もなくなります。

 

 

飲み忘れたからと言って一度にたくさん
摂取してはいけません。

 

 

DHAを意識的に摂取するために、サプリも
飲んでいるし青魚もよく食べるという人は、
トータルの摂取量に注意を払うことで
副作用を避けることができます。

 

 

また、高血圧と診断されて血圧を下げる
薬を飲んでいる人や、血液凝固阻止剤を
服用している場合も、DHAの摂取量に
注意する必要があります。

 

 

DHA配合のサプリを飲む場合は、
摂取量については医師に予め
相談するようにしましょう。