季節の変わり目の風邪

季節の変わり目に風邪をひきにくくする方法

季節の変わり目に
風邪をひきにくくする方法とは!?

 

夏から秋にかけての季節の変わり目は、
風邪をひきやすい時期です。

 

いつも風邪をひかずに健康に自信を持っていても、
夏から秋にかけての季節の変わり目には
どうしても風邪をひいてしまうという人も
いるのではないでしょうか。

 

この時期は、周りを見渡しても風邪をひいて
マスクを着用している人が多く、喉がやられて
咳や鼻水などの症状が出る人が多いです。

 

なぜ、季節の変わり目には
風邪をひきやすいのでしょうか。

 

それは、人間の自律神経の働きと
深い関係があります。

 

人間の体は、外部の気温に左右されることなく、
常に一定の温度を保とうとする機能がついています。

 

そのおかげで、私たちの体は外部の気温に
左右されることなく、常に36度〜37度の
程よい温度に保たれているのです。

 

この働きは自律神経によるものです。

 

自律神経には交感神経と副交感神経が
ありますが、暑くなると副交感神経が優位に
働いて熱を下げるように血管を拡張させる、
逆に寒くなると交感神経が優位に働いて
熱を逃がさないよう心拍が上がり血管を
収縮させるといった働きがあります。

 

季節の変わり目は、まさにこの自律神経が
フル稼働する時期なので、体調を
崩しやすい人が増えるのです。

 

まして、夏は日中は暑く、夜は寒いといった
寒暖の差が激しい季節です。

 

このただでさえ、寒暖の差が激しい夏の季節に、
近年ではスーパーやレストランなどの外出先で
エアコンによって急激な気温の変化が伴います。

 

これでは自立神経が休まる暇がありません。

 

夏バテも自律神経が切り替わる外部の
気温差についていけず、くたびれて起こる
現象です。

 

こんな状態のまま、さらに季節が夏から
秋へと変わったら、どうなるでしょうか。

 

自律神経はその外部の気温の変化に
対応しきれず、私たちの体は体調を
崩しやすくなるのです。

 

季節の変わり目に
風邪をひきやすいのはこのためです。

 

では、季節の変わり目がやってくる前に、
なんとか風邪をひかないようにする方法は
ないのでしょうか。

 

季節の変わり目に負けない体を作る方法は、
とにかく自律神経を休ませることです。

 

これにつきます。

 

具体的に言えば、エアコンを控える、または
エアコンの設定温度を低くして外との気温差が
出ないようにする、エアコンの効き過ぎている
外出先に出かける時は、薄手のカーディガンなどを
持参して気温差を感じないようにする。

 

しっかりと栄養と睡眠をとるといったことです。

 

お年寄りや子供の場合、体の機能が弱いため、
この対策をとっても体調を崩すことが
あるかもしれませんが、そうでない方にはとても
有効な方法です。

 

それと、体が欲している栄養成分も
積極的に摂取する事をおすすめします。

 

その栄養成分は、ブロコリ
効率よくて良いと思います。