子供の体調がおかしい

子供の体調がおかしいとき

子供の体調がおかしいときは
どうしたら良いのでしょうか?

 

子供の体調がおかしいときはとりあえず
学校を休ませます。

 

病院へ連れて行くかどうかは子供の様子を
見てから判断していますよ。

 

親は子供の体調がおかしいと慌ててしまって
朝一番で病院へ駆け込んでしまいがち・・・。

 

だけどそれは本当に良いことなのか私はちょっ
と疑問に感じています。

 

私はまず子供の様子を見て、それから病院へ
連れて行くほどでもないと思えば家で
寝かせるだけにします。

 

寝たいだけ寝させて消化の良い食べ物を
作って食べれる分だけ食べるように言います。

 

食欲がなければ食べなくてもいいし、
体調が悪くても食欲があるなら食べられるだけ
食べるように言います。

 

その判断は子供自身に任せます。

 

自分の体調が悪いときもすぐに病院へ行かないし
薬も飲みません。

 

どんな状態か観察してからじゃないと薬なん
て飲めませんから。

 

風邪と言っても喉が痛いのか高熱があるのか
関節が痛むのか・・・それを判断してからじゃないと
薬なんて飲めませんよ。

 

子供も同じように体調がおかしいときほど
慌てず騒がず子供の様子をしばらく
観察します。

 

寝かせておきますが、体温をこまめに測ったり
水分補給をさせたり・・・。

 

子供は回復力が強いから寝ているだけで
元気になることが多いです。

 

最近体調がおかしいなと思ったら

 

体調がすぐれないなと思ったら、あなたの血液中の
塩分が足りているか調べてみるのも大切です。

 

最近は減塩に注意する人が多く、夏になると汗を
かいてドンドン塩分が身体から排出されてしまう為、
血中の塩分が極端に少なくなってしまいます。

 

そうなると頭痛がしたり、吐き気があったりして、
体調を崩すどころか、塩分が少ないまま一生懸命身体を
動かそうとする事から、心臓にも負担がかかってしまうのです。

 

そして暑い日が続く為、脱水にならないように、水ばかりを
飲んでしまうと、もっと身体の中から塩分が出ていってしまい、
脳細胞にまで影響を与え意識不明にまで至る恐れがあるのです。

 

水を飲むのは良い事ですが、身体に塩分が必要な時には
逆効果になります。

 

ですので汗をかいて疲れやすい夏は特に、さっと
エネルギー補給が出来るように、バナナやゆで卵などを
いつもストックしておきましょう。

 

そして飲み物は、水ばかりではなく、
スポーツドリンクがお勧めです。

 

スポーツドリンクの中には、塩分やビタミンが豊富に
入っていて、身体に吸収しやすく出来ています。

 

ですので体調がおかしいなと思った時に、さっと
身体にビタミンや塩分を補給出来るのです。

 

そしてあまりにキンキンに冷えたドリンクを飲むと、
身体の内臓の動きが止まってしまうので、程々に
冷たい飲み物を摂るように注意して下さい。