メカブフコイダンでインフルエンザを

メカブフコイダンでインフルエンザを抑える!?

メカブフコイダンでインフルエンザを
抑える事ができるのでしょうか?

 

 

メカブフコイダンなどのネバネバ食品は
よく身体にいい食品といわれています。

 

 

特にメカブフコイダンはさまざまな
効果があります。

 

 

メカブフコイダンとインフルエンザの抑制の
関係についても研究され、
実証もされています。

 

 

今回はメカブフコイダンがなぜ
インフルエンザを抑制するのに
効果的なのかをご紹介します。

 

 

インフルエンザはウイルスによって鼻や
喉の粘膜に感染して起こる病気です。

 

 

特に体力が弱っていて、免疫力が低いと
たちまち感染してしまいます。

 

 

人の咳やくしゃみで感染してしまうので
毎年のように流行しています。

 

 

インフルエンザには予防接種もありますが、
体質を食べ物で変えることができれば
それが理想的。

 

 

医学は進歩していて新しいワクチンも
つくられますが、それに追いつかないほど
新型のインフルエンザや鳥インフルエンザ、
薬剤耐性があるウイルスなどが
発見されているのも事実。

 

 

とくに身体が弱い人は予防接種をしても
かかってしまうということもあります。

 

 

インフルエンザは重篤化する危険も。

 

 

では「私たちにできること」それは自分自身の
体調をしっかりと管理しインフルエンザに
負けないよう免疫力を高めることです。

 

 

その免疫力を高める効果が
メカブフコイダンにはあります。

 

 

メカブのネバネバ成分フコイダンには
インフルエンザウイルスに対する抗体の
産生を上昇させる働きがあります。

 

 

抗体ができるとインフルエンザに
かかりにくくなります。

 

 

メカブフコイダンで免疫力と抵抗力を
つけて「インフルエンザに負けない
身体づくり」ができます。

 

 

運動で免疫力を高めることもできますが、
もともと体力がなく持続して運動を
続けることが困難な人にもメカブフコイダンを
摂取することをおすすめします。

 

 

メカブフコイダンを摂取することでインフルエンザを
予防できる人がいれば、結果的には流行も
緩和できます。

 

 

昔から海藻類は身体にいいといわれてきましたが、
根拠があってのこと。

 

 

日本はもともと海に囲まれさまざまな
海藻類を食してきました。

 

 

この食文化がやはり日本を世界一の
長寿国にしたんだと思います。

 

 

近年は食文化が欧米化していて、
さまざまな生活習慣病も
問題視されています。

 

 

食生活を見直し「メカブフコダイン」も
取り入れ摂取することでインフルエンザにも
負けない免疫力が高い健康的な
身体づくりが必要です。