ブロコリは口コミはコチラ

体調がおかしいときは、にんにくを食べて寝ます!

体調がおかしいときは、にんにくを食べて寝ます。

 

体調がおかしいな・まだ大丈夫そうだけど
風邪をひきそうな感じがある場合、私はにんにくを食べます。

 

冬の場合は豚骨しょうゆ味のラーメン(いわゆる
「家系ラーメン」)にすりおろしにんにくを大量に
入れて食べています。

 

また、食欲すらないときはにんにく味噌を
常備しておき、それを熱々のご飯に
乗せて食べています。

 

この食べ方だと食欲がわくのです。

 

ただし、にんにくを食べ過ぎてお腹を壊した
経験もあるので食べ過ぎには十分
注意してください。

 

体調を良くするために食べたのに逆にお腹を
壊しては意味がありませんね(笑)。

 

日頃から自分の適量を知っておくようにしておくと
良いです。

 

にんにくのアリシンが疲労回復に効果があるので
意図して摂取しているのですが、臭いが
きついですね。

 

その為歯はしっかりと磨くことと、
息をケアする為のタブレットは欠かせません。

 

食べられるだけ食べたら、しばらくゆったりとした
時間を過ごした後に寝ます。

 

栄養補給をしたら次に睡眠をとって体を休めます。

 

なぜすぐに寝ないのかというと、シンプルに
眠れないからです。

 

3時間は、いやせめて最低1時間は
起きていて消化が落ち着くまで待ち、
その後に眠りにつくようにしています。

 

栄養と休息をとった翌朝に目覚めると
体が軽くなり、なんだかおかしかった状態も
消えて楽になっています。

 

自分の体調と向き合って実践したいこと

 

毎日仕事で頑張りすぎて知らず知らずのうちにストレスや
疲れが溜まって体調が悪くなってしまう事、ありますよね。

 

そんな頑張り屋のあなたにおすすめの方法をご紹介します。

 

まずは食生活を見直してみましょう。病気ではないけれど
何となく調子が悪いと食欲が無く、力がわいてこなくて
仕事に集中できない。そんな時ありますよね。

 

人間の活力の源である食はとっても大事です。

 

ただ満腹になれば良いだけでなく、栄養のバランスや
今の体調にあった食事を摂ることで体調不良を
改善できるのです。

 

今の時期のような夏バテ気味の時は、暑いからと
言って冷たいものばかり摂っていると体を冷やし
過ぎてしまい逆にだるくなってしまします。

 

暖かいものを摂るように心がけましょう。

 

食欲があまりなく、たくさん食べられない時に
おすすめなのは納豆です。

 

ネバネバは夏バテにいいとよく言いますが、
弱りがちな胃腸を保護してくれるので特に
夏にはもってこいです。

 

納豆に、アレンジしてネギや卵など乗せるのも
おすすめです。

 

毎日続けて食べることが大事な事で、腸の
調子も良くなってきます。

 

試してみてはいかがでしょうか。

 

そして、これは一年通して言えることですが、
家族や友人と楽しく食事をする事も精神的に
リラックスでき心も満たされます。

 

また普段運動不足のひとは、ウォーキングを
する事がおすすめです。

 

長い距離じゃなくてもいいので、汗を流しながら
景色を眺め風を感じながら散歩気分で
リラックスした時間を過ごすし、日頃のストレスを
吐き出してみましょう。

 

逆に体のだるさや身体に不調があるときは、
無理せず自宅でゆっくりした時間を取ることも
大事です。

 

健康はほかに変えられないとても
大切なことです。

 

今一度自分の身体と向き合ってみる時間を
取ってみてはいかがでしょうか。