プロポリスの副作用

プロポリスは副作用が出にくい!?

プロポリスは副作用が出にくい!?
と言われています。

 

 

プロポリスは、さまざまな樹木から集めてきた
樹脂を蜜蜂が唾液とともに噛み続けて、
ワックス状にしたものがプロポリス製品の原料と
なる原塊と呼ばれる物質です。

 

 

プロポリスは腫瘍や炎症に効果がある事が
知られて、強力な殺菌作用があると
されています。

 

 

プロポリスは天然由来のものであることから
、基本的には副作用の心配はありません。

 

 

副作用ではなく、飲む事で好転反応が
出る事があります。

 

 

それは快方に向うにつれて一過性の
症状であり、副作用と症状が似てますが、
体のだるさや熱っぽさ、頭痛や腹痛などが
起こることがありますが、副作用ではなので
数時間から数日で治まる事がほとんです。

 

 

もしも副作用が出た場合は服用を中止したり、
医師に相談するようにしなくてはいけません。

 

 

副作用以外で気をつけなくてはいけないのは、
アレルギー反応です。

 

 

発疹などの皮膚の症状や胃腸障害などが
現れる人もいます。

 

 

プロポリスを服用する時はハチミツなどの
ハチの生産物やハチそのものに対して
アレルギーがある人は、アナフィラキシーショックを
起こす危険性があるので、使用を控えるほうが
良いでしょう。

 

 

他にも喘息持ちの人や妊娠中や授乳中も
安全性についての信頼できるデータが
きちんと出ていたいので気をつけなくてはいけません。

 

 

そのようなアレルギーを持っていなくても、
初めて服用する人は気をつけなくてはいけません。

 

 

副作用ではなく、体質に合わない場合も
あるので最初は少量から服用して様子を
見るほうが良いでしょう。

 

 

そして、いくら体質に合うからと言って、
過剰摂取は厳禁です。

 

 

プロポリスは大量に摂取すればそれだけ
早く効果が表れるというものではありません。

 

 

それどころか逆に体に負担がかかってしまうので、
用法と用量をきちんと守って摂取しなくては
いけなのです。

 

 

そして、乳幼児以外には積極的に摂取して
問題がないので、子供の健康の為にも
プロポリスは非常に有用性の高い食品です。

 

 

免疫力を高める効果があるので風邪や
インフルエンザなどのウィルス感染からも
守ってくれるのですが、こちらも同様、
過剰摂取は避けるようにしましょう。