プロポリスと風邪

プロポリスを摂取することで風邪の予防ができる!?

プロポリスを摂取することで
風邪の予防はできるのでしょうか?

 

 

プロポリスとは、樹皮やつぼみなどミツバチが
集めた物質と、ミツバチの唾液などの分泌物が
混じりあったものです。

 

 

この物質をハチの巣の入り口に塗りつけます。

 

 

ハチの巣の中は高温で菌が繁殖しやすい
状態なのですが、プロポリスをハチの巣に
塗ることで菌の繁殖を抑えているといわれています。

 

 

プロポリスに含まれる主な成分は、アミノ酸、
脂肪酸、ビタミン、ミネラル、花粉などです。

 

 

抗酸化、抗菌、抗炎症など、さまざまな
働きがあるといわれています。

 

 

プロポリスは古くから民間療法に使用されていて、
現代でも健康食品の一つとされています。

 

 

風邪の治療や予防に役立つともいわれています。

 

 

ある企業がヒト試験を行っています。

 

 

成人男女59名を30名と29名の2つの
グループに分け、一方の群にはプロポリス450mgを
含むソフトカプセル、もう一方の群にはプロポリスを
含まないソフトカプセル(プラセボ)を
60日間摂取してもらいました。

 

 

その結果、風邪が治るまでにかかる日数が、
プラセボを摂取した群は平均3.3日に対し、
プロポリスを摂取した群は平均2.0日で
風邪が治まりました。

 

 

この試験ではプロポリスを摂取することで
風邪が治るまでにかかる日数が短縮される
という結果を得られています。

 

 

風邪によるだるさ・のどの痛み・頭痛などの
症状について5段階評価もしてもらいました。

 

 

その結果、プロポリスを摂取した群は、
風邪によるだるさが軽減したと報告されています。

 

 

このヒト試験では、ブラジル産プロポリスを
飲んでもらいました。

 

 

他の産地のプロポリスで同じような結果が
得られるか、はっきりとはしていません。

 

 

風邪の改善や予防のためには、普段から
プロポリスを摂取することが大切です。

 

 

試験では60日間継続をして摂取して
もらっているので、風邪になったときに
慌てて摂取をするのではなく、元気なときから
継続して摂取をするとよいでしょう。

 

 

なお、ハチの生産物質やハチ自体に
アレルギーがある方は摂取を控えてください。