季節の変わり目の体調管理法

季節の変わり目から身を守る体調管理法

季節の変わり目から身を守る
体調管理法をご覧ください。

 

季節の変わり目に体調を崩すことはよくあることです。

 

というより、季節の変わり目と体調はセットで
語られますし、季節の変わり目ときくと、体調を
崩すとほとんどの人は連想します。

 

つまり、それだけ季節の変わり目に体調を
崩す人それだけ多いということを意味し、
季節の変わり目に体が順応できず、
体調管理できてない人が多いということです。

 

だから、しっかりとした体調管理ができれば、
季節の変わり目に、体調を崩すことは
ないということです。

 

じゃあどうすれば体調管理、つまり季節の変わり目にも
負けない丈夫な体を作れるのでしょうか。

 

それは、体の免疫力を高めて、しっかりとした
体調管理ができ、風邪もひかない体質に
していくということです。

 

例えば、冬から夏の季節変わり目に、
夏バテしやすいのは、体の発汗作用
が弱くなってるからです。

 

これは、近年、人々が室内での仕事をするように
なって、汗をかく機会がなくなり、上手に汗を
かくことができなくなり、いざ、外に出ると、
暑さに体が対応できなくなってるんです。

 

つまり、体は汗をかくことで、夏の暑さから身を
守っているわけですが、汗をかく習慣がない人は、
冬から夏の季節の変わり目に体調管理できずに
体調を崩してしまいます。

 

だから、汗をかく習慣を身に付ければいいんです。

 

具体的にいえば、エアコンがかかってる室内から、
外に出て汗を流しましょう。

 

別に走ったり過度な運動はしなくてもいいんです。

 

軽くウォーキングすれば、汗も出てきます。

 

汗が出てくれば、いざというときの夏の暑さのときも、
発汗し、体を夏の暑さからも守ってくれます。

 

できれば、夏前から夏に自然と汗をかいてくれる
体質を作ることができれば、夏バテにもなりにくい
はずです。

 

また、汗をかくことのメリットは、夏から冬の
季節の変わり目にもあります。

 

夏終わるまでに、汗をかく体質になっていれば、
冬になったときの外の気温の変化にも体が
対応してくれます。

 

これは、汗をかけば、それだけ代謝がよくなるのと
体の免疫力が身につくからです。

 

要するに、季節の変わり目に体調を
崩させないためには、しっかりとした体調管理が
必要ですし、しっかりとした体調管理には、
運動することが大切だということです。

 

そして、体調管理するには
栄養を欠かさない事です。

 

栄養は食事から摂取できますが
効率よく摂るには、ブロコリ
おすすめです。