季節の変わり目に頭痛

季節の変わり目に頭痛になる原因と対処法とは

季節の変わり目に頭痛になる原因と
対処法を紹介しています!

 

季節の変わり目(3月・6月・9月・11月)頃に、
頭痛になる人は多いと思います。

 

特に6月の梅雨の時期は
多いのではないでしょうか。

 

また、特に女性のかたに多いようです。

 

季節の変わり目に頭痛を含め体調不良になる
原因は、気温や気圧の変化により自律神経が
乱れ、体内の水分の巡りが悪くなったり血管が
収縮したりすることから発生するといわれています。

 

季節の変わり目に頭痛を感じるときの
対処方法ですが、水分の巡りが悪くなることが
原因です。

 

水分を排出する働きのあるカフェインを含む
飲み物(コーヒーやお茶、エナジードリンク等)は
なるべく避けたほうがよいと思います。

 

水分の巡りを良くするために、軽く運動をすると
よいと思います。

 

筋トレでもランニングでもウォーキングでも
いいでしょう。

 

とにかく身体を動かすことが重要です。

 

また、寝不足等の生活習慣も自律神経の乱れに
影響してきますので、十分な睡眠・栄養を
摂る等の生活習慣にも配慮することが必要です。

 

風邪にも似た症状なので、風邪薬や鎮静剤を
服用する人もいると思いますが、季節の変わり目の
頭痛には効果がありません。

 

風邪による頭痛と季節の変わり目による頭痛は
判断がしづらいですが、梅雨の時期や雨の日、
どんよりとした曇り空のときによく頭痛が発生するかたは、
風邪ではなく季節の変わり目による頭痛の可能性が高いです。

 

季節の変わり目でも頭痛等の体調不良を
起こさない人もいます。

 

季節の変わり目に体調不良になるかは
人それぞれです。

 

また、季節の変わり目は、気温や湿度などが
変わるだけでなく、生活も変わったりしてストレスや
不安を抱えることが多いときでもあります
(例えば卒業、異動、引越し等)。

 

ストレスや不安も自律神経が乱れる原因でもありますので、
自分なりのストレスをコントロールする方法を持つとよいでしょう。

 

最近ではマインドフルネスがストレスコントロールに
役立つようです。

 

これらの原因と対処法を理解し、
季節の変わり目の体調不良に
うまく付き合っていくことが大切です。

 

こちらのサプリメントもおすすめ!
【ブロコリで免疫を高める】